北九州演劇フェスティバル2009 blog

  北九州演劇フェスティバル2009 blogのナビゲーター   トップページ > 劇団鹿殺し  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

樺澤より最後のご挨拶です。-愛を込めて

2009 - 03/11 [Wed] - 00:18

3月7日、8日にスミックスホールESTAで公演を行った劇団鹿殺しですが、その制作を担当されていた樺沢さんから以下のメールが来ました。
樺沢さんは公演期間中、福岡の制作者たちのブログをジャックして宣伝活動をするという面白い活動をされていまして、3月4日付の演フェスブログにも記事が載っています。
併せてご覧くださいませ。

================================

皆様、まだわたくしの事を覚えておいででしょうか。樺澤(カバサワ)でございます。
昨日は九州内で借りたものを返しに行ったりなんだりで東京に戻ってきたのは18時。そのままの勢いでどうしても観ておかなければと思っていた芝居を直行で観に行き、その場で宇宙人にさらわれ、帰宅は深夜におよぶという実にハードなものでした。
いや、しかし皆様の暖かいお気づかいがいまだに心に残っております。またすぐにでも九州には行きたいと思います。東京に戻ってきてからは花粉症はひどいうえに、人は優しくない。だって道を歩いていて「バーンッ!」ですもん「バーンッ!」て。悲しいです。お土産に買っためんたいこを顔面に塗りたくったろうかと思いますね。

ひとつ驚きのご報告をひとつ。

3/8の大楽の日の事。ご来場された方とたまたま知り合いづてにお話をした際に性懲りもなく「ブログをやってらっしゃいませんか?」とお尋ねした所、「あ、あたしもう既にジャックされてますよ!」との事。

???

よく聞いてみると、どうやら既に私の掲載したブログを自らコピペして掲載してくれていたそうです!驚きですね、もはや有名人ですね。早速、覗きにいかせていただきました。

ラストに追加ジャックです。

◆ブログジャックについてはこちら
http://seisakusya.jp/blog_jack.html
◆劇団鹿殺しプロフィールはこちら
http://seisakusya.jp/shika564_prof.html
◆物販ブースの一部を写真に収めましたので是非ご覧ください。(画像に表示されている文字は3/5時点のものです。)
http://seisakusya.jp/berze.gif
◆ゲネプロを観た藤本瑞樹さんの感想はこちら
http://seisakusya.jp/kansou.html

九州の皆様、1週間、本当にお世話になりました。
また必ずや九州に帰って参りますのでその際は是非お会いしたいと心より思っております。
この後もまだ北九州演劇フェスティバル2009は続きます。せっかくの機会ですので全演目網羅するぐらいの勢いで観ていただけたらと思っております。
最後になりましたが、1ヶ月以上、苦楽を共にした舞台美術を廃棄した時のわたくしと山岸門人の写真と、小倉駅での通りかかりのおばちゃんに撮ってもらった写真でお別れをしたいと思います。
写真はこちら
http://seisakusya.jp/see_you_again.html

どうも本当にお世話になりました。

劇団鹿殺し制作 樺澤 良(カバサワ リョウ)

================================
“ブログジャック発信元”
北区田端「駅前劇場」
http://blog.seisakusya.jp/
================================
================================
現在の“ブログジャック”リンク先
================================
PINstage高崎の「さくてきブログ2」(管理:高崎大志氏 3/4JACK)
中原めぐみの「デッサンブログ#1」(管理:中原めぐみ氏 3/4JACK)
トキドキニッキ(管理:冨永枝里氏 3/4JACK)
俺ブログ(管理:藤本瑞樹氏 3/4JACK)
tanise-etc(管理:谷瀬未紀氏 3/5JACK)
ぴよこ日和(管理:北村加奈子氏 3/5JACK)
三日坊主(管理:三坂恵美氏 3/6JACK)
本屋に行ったら2時間半。(管理:筒井亜耶氏)※追加
THEATER View FUKUOKA WEB(管理:筒井亜耶氏)※追加
ふじおかよこノ作り方(管理:ふじおかよこ氏 3/7JACK)
・ねこのせなか(※相互リンクではなくサイト名の紹介のみとさせていただきます。)追加

スポンサーサイト

劇団鹿殺し制作:樺澤でございます。

2009 - 03/04 [Wed] - 20:49

================================
“ブログジャック発信元”
北区田端「駅前劇場」
http://blog.seisakusya.jp
================================
================================
現在の“ブログジャック”リンク先
================================
PINstage高崎の「さくてきブログ2」(管理:高崎大志氏 3/4JACK)
中原めぐみのデッサンブログ#1(管理:中原めぐみ氏 3/4JACK)
トキドキニッキ(管理:冨永枝里氏 3/4JACK)
俺ブログ(管理:藤本瑞樹氏 3/4JACK)


九州の皆様、どうも初めまして。劇団鹿殺しの制作を担当しております樺澤(カバサワ)でございます。昨日3/3早朝、大阪からフェリーにて来福させていただきまして、遂に3/7&3/8上演の劇団鹿殺し「ベルゼブブ兄弟」の本番に向けて“スミックスホールESTA”にて仕込みが始まっております。

本日3/4より、わたくしが福岡県全土の制作の方々、(時には制作の方以外の場合もあるやもしれませんが)ブログをジャックさせていただきます。今のところ、初日までの4日間という約束で皆さんとは話をしていますが、これを書いている今の時点で既に気持ちが盛り上がっていますのでおそらく最終日までになるやもしれませんが、どうぞ宜しくお願い致します。

ブログをジャックするというと、イメージがすぐに浮かばないかもしれませんが、要するにはわたくしの“北区田端「駅前劇場」”というブログ内に記しました全文が、九州におりますブログを書かれている制作の方々の記事になっていくという事でございます。きっとそれぞれの方は自分半分、樺澤半分という感じで自分のブログを支配されているような感覚に陥る事でしょう。

つまり、今週末までは至るところで劇団鹿殺しの情報が手に入るという事です。素敵ですね♪

ブログジャック第1弾開始時点で<ジョジョの奇妙な冒険>に出てくる“スタンド”のように、背後に私がついても良いという許可をいただいた方のブログを冒頭に掲載させていただいております。ただし、リアルタイムで更新されていくわけではないのでこちらの記事を読んだ直後にリンク先に飛びましても反映されていない場合がございます事をご了承ください。

もしもこれから自分もジャックされてみたいという方がいらっしゃった場合はinfo@seisakusya.jpまでご要望いただければすぐにジャックしに参ります。アクセス数の増加を楽しみたい方は是非オススメかと思います。

それではまずは劇団鹿殺しの紹介を簡単ながら始めさせていただきたいと思います。

【劇団鹿殺し】
 2000年1月旗揚げ。兵庫県西宮市出身。「ガツンと殴って抱きしめる」を合言葉に土臭さと激しさが同居する人間の愛おしさを表現する物語と、役者の身体、パフォーマンスに重点をおいた演出で様々な表現活動を展開。関西の各種演劇祭に参加すると同時に路上パフォーマンスも始動。2005年4月に拠点を東京に移し、劇団員7人で共同生活をしつつ、路上劇、ライブ出演、劇場公演を展開していく。以後、その勢いはとどまる事を知らず、「2008改訂版・百千万」(2008年1月上演)で全ステージ完全完売2,000名を記録。丸尾丸一郎&菜月チョビ脚本「すけだち」(出演/筧利夫・松浦亜弥)、丸尾丸一郎外部演出「狂人教育」(テラヤマ博参加作品)、菜月チョビ客演「燻し銀河」(カムカムミニキーナ+ ネルケプランニング製作)、劇団☆新感線「IZO」劇中歌、「A MIDSUMMERNIGHT’S DREAM ~THEじゃなくてAなのが素敵~」(G2プロデュース製作) など外部活動も話題を呼んでいる。

いかがでしょうか。これで鹿殺しの事を知らなかった方もよく分かったのではないでしょうか。

これから毎日わたくし樺澤が更新し続けて参りますのでどうぞこの1週間、宜しくお願い致します。

最後にこの動画をどうぞ。(音量をOFFにしている方はONにしてください+是非全画面表示でお願い致します。)


劇団鹿殺しよりお知らせ

2009 - 02/27 [Fri] - 02:18

3月7日(土)に北九州劇術劇場でMONOの「床下のほら吹き男」をご覧になる方限定企画!
折り込みチラシの中に入っている、劇団鹿殺しの

             ※北九州劇術劇場にご来場の皆様へ※ 

と言うチラシを持って行くと3月8日(日)15:00公演を前売料金でご観劇いただけます。
(※販売開始は開演の1時間前から。既にご予約済みの方はご利用できません。)

MONOを観る事が決まってて、鹿殺しのチケットを準備していないアナタ!
今がチャンスですよ!
チラシを握り締めて3月8日はスミックスホールESTAへGO!!

ベルゼブブ兄弟が色んな雑誌に載っちゃうよ!

2009 - 02/10 [Tue] - 22:45

鹿殺し-2-10

こんにちは!
劇団鹿殺しの山岸門人です。


北九州演劇フェスティバル参加作品「ベルゼブブ兄弟」の東京公演の劇評が日本経済新聞の2月12日(木)発行に掲載予定!そして九州一円でも配布予定です!

2月12日は日経新聞読んで、ベルゼブブ兄弟と経済に詳しくなろう!


そして九州では…、

九州ウォーカー3月1日号にベルゼブブ兄弟の記事が写真つきで掲載決定!!

さらに!

シアタービューフクオカ三月号から座長菜月チョビが連載決定!

九州の皆様、是非チェックしてみて下さい!


今、東京公演真っ最中。
福岡での公演を楽しみにしてます。沢山のご来場お待ちしております。

そして2月15日(日)に、ぽんプラザホールで前回公演「電車は血で走る」上映会を行います!
そちらのほうもドシドシご参加お待ちしております!


詳しくは鹿殺し公式ホームページまで!

劇団鹿殺しのYou Tube映像をご覧下さい 

2009 - 01/27 [Tue] - 22:55

東京を拠点に活動する劇団鹿殺しの最新作PVです。
http://shika564.com
第19回公演「ベルゼブブ兄弟」上演決定!
2/4~3/8 東京、神戸、大阪、福岡の4都市ツアー!
福岡公演は3/7・8、スミックスホールESTAでおこないます。
詳細は http://shika564.com にて。

劇団鹿殺しとは...
2000年、関西学院大学在学中に菜月チョビ・丸尾丸一郎が中心となり旗揚げ。
2005年に上京し、活動場所を東京に移す。同時に、週6日年間約1000回以上の
怒濤の路上パフォーマンスを敢行。その結果演劇シーン以外からも話題を呼び、
TV朝日「ストリートファイターズ」で人気投票2位になり2度の特集番組が放送される。
2006年、全国10カ所ライブハウスツアー『その激しさゆえのツアー2006』を敢行。
平行して、路上劇に三ヶ月に一度のハイペースでの公演活動、ライブハウス活動を続行。
2006年2月上演の「SALOMEEEEEEE!!!」で単館公演最多の1,500 名の動員を記録。
2007年9月、「殺ROCK ME!~サロメ~」をスペースゼロにて単独公演、中劇場進出を果たし2,300名を動 員。
2008年1月に新体制初の公演「百千万2008」を上演。全ステージ完全完売2,000名を記録。
同時に劇団員の外部活動も活発化していく。
丸尾丸一郎&菜月チョビ脚本「すけだち」( 出演/筧利夫・松浦亜弥)、丸尾丸一郎外部演出「狂人教育」(テラヤマ博参加作品)、 菜月チョビ客演「燻し銀河」(カムカムミニキーナ+ネルケプランニング製作)、「A MIDSUMMERNIGHTS~THEじゃなくてAなのが素敵~」(G2プロデュー ス製作)などが挙げられる。
また、劇団の活動でも前回公演「電車は血で走る」では青山円形劇場進出を果たすなど、その勢いはとどまることを知らない。


旗揚げより「老若男女の心をガツンと殴ってギュッと抱きしめる」を合言葉に
土臭さと激しさが同居する人間の愛おしさを表現する物語と、
役者の身体、パフォーマンスに重点をおいた演出で観客を魅了している。

そんな劇団鹿殺しの最新公演、「ベルゼブブ兄弟」のPVです。


 | HOME |  »

最新記事

リンク

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。