北九州演劇フェスティバル2009 blog

  北九州演劇フェスティバル2009 blogのナビゲーター   トップページ > 2009年01月02日  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

侘び助×大風呂敷@直方

2009 - 01/02 [Fri] - 04:16

どうも、明けましておめでとう存じます。

 「何となく、/今年はよい事あるごとし。/元日の朝、晴れて風無し。」
と詠じましたのは、石川の啄木だそうでございますが、今年はどうも曇天のところが多いようでございます。あたくしどもの方は、って申しますと、「元日や今年もあるぞ大晦日」なんてえ具合でございまして、ええ、ご挨拶がおそくなりましたが、手前ども「侘び助」と、ついでに「大風呂敷」と申しまして、まあ似たようなことをやっております今風に言いますと二つのユニットてことになりましょうが、それがまた今回はジョイントってえやつでございます。劇団ではございませんので、演劇はやりません。ええまあ、そっちのほうにも関わりがないわけでもございませんけれども、今回はやりません。にもかかわらず、初回の演劇フェスティバルの末席を汚すてえ栄誉を頂戴いたしまして、有り難いやらお目出たいやら、で、お選び下さいました北九州芸術劇場のお歴々の皆々様の度量の大きさに感謝々々でございます。まあ、今回全国津々浦々からお集まりになりました有望な劇団各位の谷間に咲いた一輪の白百合と思し召せ。

侘び助 では、芝居をやらずに何をやるのかと申しますと、唄・舞踏・語り・即興音楽・映像・イラストなんてえところを取り揃えまして、これらを融合いたしまして、お客さまのご興味のあるどの入り口からでも入っていただこう、てえ、こういう趣向でございます。内容は、ってえますと、「文學HOLIC」と銘打ちまして、古今の名作、古くは今昔物語から始まって、小泉八雲、宮澤賢治、阿刀田高、川上弘美の世界までを堪能していただこうというような。そしてまた、当日会場におきましては、「文學HOLIC」のチラシのイラストを担当いたしましたTONCHIによりますイラスト展の同時開催、加えまして、お出でいただきましたお客さまは、3公演(13:45~21:30)何度でもお出入り自由となっておりますンで、途中お買物にお出かけになるもよし、一日腰を据えてお付き合いいただくもよし、てえ、盛り沢山、何でもありの企画なんでございます。
 まあ、ちょいと冷やかしに覗いてやろうか、というような軽い気もちで、散歩がてらふらっと寄っていただきますれば、これに過ぐる喜びはございません。
 ええ、そういったようなわけでございます。

 それでは、おあとがよろしいようで。

侘び助×大風呂敷「文學HOLIC」特設サイト

スポンサーサイト

ゴジゲン@東京

2009 - 01/02 [Fri] - 04:02

あけましておめでとうございます。
北九州の皆様はじめまして。ゴジゲン制作の半田です。
活動拠点は東京ですが、主宰の松居が福岡出身であることより、満を持して北九州演劇フェスティバル2009へ参加させていただくこととなりました。
どうぞよろしくお願いいたします。

ゴジゲンは2006年に結成した慶應義塾大学出身のコメディユニットです。
不器用にしか生きられない人間達が紡ぎだす軟弱なシチュエーションコメディを上演、昨年の大阪に続く2度目のツアー公演を行ないます。

=================================
ゴジゲン第5回公演「たぶん犯人は父」

小さい頃から、父は最強だった。
そんな父は、恵まれない人たちのために募金活動をしている。
ボクのライブには来たことがないのに。
父に振り向いてほしくて、ボクも一緒に手伝い始めた。
そこにあるのは、あまりにも素敵な人たちの、あふれるほどの善意。
メチャクチャにしてやろうと思った。

下心しかないボランティア団体の、力づくミステリーコメディ。

謎はすべて解けてない。

ゴジゲン
「神社の奥のモンチャン(2008)」
===================================

今回、九州進出を記念してアフタートークを実施します。
14日(土)19:00の回にはコラムニストで松居のリアル母であるトコさん、
そして15日(日)15:00の回には「万能グローブガラパゴスダイナモス」作・演出の川口大樹さんをお迎えします。お楽しみに。
九州での公演は初めてですが、若さ溢れる勢いで北九州演劇フェスティバルを盛り上げていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

ゴジゲンHP

劇団C4@北九州

2009 - 01/02 [Fri] - 00:24

1999年、北九州で20年演劇活動を行ってきた大福悟が、かつての『夢の工場』『NEO』での仲間や、『夢の工場』の前身『芝居問屋夢の工場』のスタッフらと新たな演劇集団を創るために立ち上げたのが『劇団C4』です。
『劇団』という『表現集団』も、その劇団を育ててくれる『観客』もゼロから創ろうと、新劇団募集はオーディションではなく「入団説明会」とし、経験や年齢は問わないものとしました。そのため主に経験の無い「素人」が中心の劇団として旗揚げ。『20世紀最後の劇団』と銘打ち、「最強の素人集団」(?)が誕生しました。

劇団名の由来はアメリカ映画などによく出てくる粘土の形状をしたプラスティック爆弾の意。コンパクトでどこにでも仕掛けられ、その割に威力は大きい。そんなプラスティック爆弾に例え、街の様々な場所で大きな花火を打ち上げられる、機動力と爆発力のある集団でいたいと考えました。

まずは、本当の意味で『最強の素人集団』になるために、沢山の才能と個性を必要としています。多くの人たちとの出会いを楽しみにしている、そんな劇団『C4』なのです。

北九州演劇フェスティバルでは『改訂版 大地に根をはって』という作品を上演します。
昨年上演した『改訂版 大樹の影で』の続編です。
いつも騒がしい斉木家。
今度はどんな事件が起こるやら?

劇団C4 ホームページ

 | HOME | 

最新記事

リンク

カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。