北九州演劇フェスティバル2009 blog

  北九州演劇フェスティバル2009 blogのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 劇団鹿殺し > 劇団鹿殺し@東京  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇団鹿殺し@東京

2009 - 01/16 [Fri] - 01:48

鹿殺し-01

福岡の皆様、初めまして。
劇団鹿殺しの山岸門人です。

北九州演劇フェスティバルには初めて参加させて頂きます。
今回、一回目のブログということなので、簡単に劇団のプロフィールを紹介します。


劇団鹿殺しとは・・・
2000年に座長・菜月チョビが関西学院大学在学中にサークルの先輩であった代表・丸尾丸一郎とともに旗揚げ。
第四回公演「愛卍情」よりオリジナル台本の上演を開始。同時に数々のイベントにも出演。この頃から路上劇でお馴染みの「燃えて鹿殺し」「タオパイパイ」と行った楽曲も登場し、劇場では正統的演劇を行いながらも、イベントではインパクトの強い音楽劇的パフォーマンスを繰り広げ、関西ではその個性的な活動がにわかに注目を集め始める。そして劇場も神戸から大阪へと広げつつ更に動員を延ばす。


2005年4月に上京、本格的に東京に活動を移す。同時に、週6日年間約1000回以上の路上パフォーマンスを敢行。更には数多くのライブハウスに出演し共演したバンドに負けないパフォーマンスを繰り広げ、演劇シーン以外からも話題を呼び、TV朝日「ストリートファイターズ」で人気投票2位になり2度の特集番組が放送されるなど、劇場公演だけに留まらず活動を広げている。


2006年、全国10カ所ライブハウスツアー『その激しさゆえのツアー2006』を敢行。平行して、路上劇に三ヶ月に一度のハイペースでの公演活動、ライブハウス活動を続行。2006年2月上演の「SALOMEEEEEEE!!!」で単館公演最多の1,500名の動員を記録。東京での活動の成果が古巣関西でも評価され、「大阪ショートプレイフェスティバル」や野外ロックフェス「GOING KOBE」など、関西にも度々凱旋。


2008年1月に新体制初の公演「百千万2008」を上演。全ステージ完全完売2,000名を記録。以後、丸尾丸一郎&菜月チョビ脚本「すけだち」(出演/筧利夫・松浦亜弥)、丸尾丸一郎外部演出「狂人教育」(テラヤマ博参加作品)、菜月チョビ客演「燻し銀河」(カムカムミニキーナ+ネルケプランニング製作)、「A MIDSUMMERNIGHT’S~THEじゃなくてAなのが素敵~」(G2プロデュース製作)など外部活動も多数。


そして2009年、劇団鹿殺し第19回公演「ベルゼブブ兄弟」を北九州演劇フェスティバルで上演させて頂きます。
今回は東京、大阪、神戸、福岡の全国四都市公演ということで、そのファイナルを福岡で迎えられる事を、劇団一同とても楽しみにしてます。
これから、こちらのブログでベルゼブブ兄弟の情報をちょくちょく更新しますので、良かったらちょいちょい読んで見てもらえたら嬉しいです。
そして劇団鹿殺しのHPでも色々な企画をやってるので、是非覗いてみて下さい。

劇団鹿殺し公式ホームページ

スポンサーサイト

 | HOME | 

最新記事

リンク

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。